#FUJIと私と日常と。

FUJIFILMで写す日常風景をお届け。

fujifilm

どこまでも続く道を、僕らは走り抜ける。

使用機材:X100V ISO:160 SS:1/1000sec F:4.0 北海道には一直線に続く道がたくさん存在する。 一体どこまで続くのかわからない道。 どこにたどり着くのかもわからない。 そんな道を僕らは走り抜けていく。

僕らの夏は終わらない。

使用機材:X100V ISO:1000 SS:1/60sec F:3.6 この写真の撮影日は「9月3日」 時計が示すのは「8月34日」 そう。 僕らの夏はまだまだ終わらない。

海の見える街。

使用機材:X100V ISO:200 SS:1/1250sec F:5.6 フィルムシミュレーション:クラシックネガ 海と山どちらが好き?と聞かれたなら、 ボクは断然”海”派だ。 ただ、なぜと言われるとハッキリした理由が見つからない。 閉塞感のない広大か感じが好きなのか?匂…

その光は私を外へ誘う。

使用機材:X100V ISO:160 SS:1/500sec F:2.8 フィルムシミュレーション:クラシックネガ 風が当たるとガタガタと音を立てる木枠の窓。 その窓に差し込む太陽の明るい光。 その光が暗い部屋を照らす。 その光に誘われるかのように、 私は紅茶を飲みきり、…

和の美しさは内側に潜む。

使用機材:X100V ISO:200 SS:1/250sec F:2.0 フィルムシミュレーション:クラシックネガ 知床にあるとある素敵なカフェでの1枚。 日本の美しい原風景は屋外だけでなく屋内にも潜むのです。

その光は私の心を奪う。

使用機材:X100V ISO:160 SS:1/500sec F:2.0 フィルムシミュレーション:クラシックネガ 太陽光は影と共演することで初めて味を出す。 窓枠をすり抜けた光と影。 この共演に私の心は奪われる。

猫アレルギーの自分を恨んだ日。

使用機材:X100V ISO:160 SS:1/500sec F:2.0 フィルムシミュレーション:クラシックネガ 北海道にもまだ夏が残る日。 日陰に身を置きくつろぐ姿をパシャリ。 人懐っこくて私に寄ってくるのに。アレルギーで触れないもどかしさ。

〜小さな駅で見つけた世界(2)〜

www.hitoritrip.net 花咲線沿いをひたすら車で走る旅の後半戦。 ボクは浜中町を目指して走っていた。 浜中町とは釧路よりもより東側。根室側に位置する。釧路湿原に並ぶ湿原「霧多布湿原」を有する町だ。 調べたところどうやらルパンの作者のモンキーパンチ…

〜小さな駅で見つけた世界〜

北海道に来たらまずやりたかった事。 それは「ローカル線」の旅だ。 それも、最果てのローカル線を巡る。ものすごくやってみたい。やってみたかった。 なので先日、やってみました。笑 ただ、電車の本数やら日程的にも折り合わず、、 今回は車でローカル線沿…