#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

【フランス】〜個人的に行って思った注意すべき点 まとめ〜

f:id:ksssiiia:20180803113727j:plain


芸術・ファッション・文化・歴史

 

様々な分野で輝く街・国といえば、やはり「フランス」ではないでしょうか。

誰もが憧れるパリ。

私も、その憧れた人です。

 

その憧れを実際に見たく、9月、パリへと2週間ほど行ってきました。

 

その時の旅行記は私のブログを遡っていただければご覧になれるのでそちらもぜひぜひ。

 

 

と、パリのいいところいいところを今までピックアップしてきたわけですが、やはり、事前に不安な面も知っておきたい、、って方も多いハズ!

 

ということで今回は、

「フランス旅行(他国でもあり得る)で注意すべき点!!」

をテーマに、書いていこうと思います!

 

 

 

 

まずは出国前

治安

まずは、旅行計画段階から。

一つだけ、知っておいてほしいことがあります。

フランス・パリ周辺には非常に治安が悪い地区がある

ということです。

 

パリの北に位置する「サン=ドニ」と書かれたこの地区周辺や、パリ市内の北側は、

治安が悪いことで有名です。

 

フランスで起きたテロはこの周辺で起きました。テロ以外にも様々な事件が頻発しているところです。

 

・安いツアーなどではこの周辺のホテルになる可能性も

格安ツアーなどにパッケージングされているホテルなどは、この周辺にあるホテルの可能性があります。

確かに、パリからは遠くないし、メトロなどのアクセスもいいのですが、治安の面では少し心配なところもあります。

 

必ず、そのホテルがどこにあるのかをしっかりと調べましょう。

 

(安くておすすめなホテルはこちら) 

www.hitoritrip.net

 

 

気候

服装を考えるためにも気候は大切。

フランスにも四季が存在するので日本と重ねて考えやすいのがメリットです。

 

🌸春はまだ肌寒いようです。特に朝晩は冷えるためしっかり対策が必要。

🌞夏は日本のようなジメジメした湿気は少なく過ごしやすい時期。ただ乾燥しているため朝晩は夏でも肌寒く感じる気温になるので、夏だろうと薄めの上着はあったほうがいいかも?

🍁秋から一気に寒くなります。10月を超えるともう日本でいう冬並みだそう。また、フランスの雨季にもなるようで折りたたみは必須アイテム🌂

⛄️冬はフランスのファッションブランドを見ればわかるようにコート、マフラーは必須アイテム。めちゃめちゃ寒いので防寒対策しっかりと!

 

 

私は9月に行きました。

日本ではまだまだ残暑が厳しい季節ですが、フランス・パリは朝晩は冷えます!

薄手の長袖やジャケットは必須です!

 

が、南フランスは暑い!

北と南でガラッと違うので注意!

 

飛行機

エアラインに関しては、どこが悪い!なんてことはありません。

エールフランスも素晴らしかったです。

エアライン選択はお好みのもので大丈夫かと思います。

www.hitoritrip.net

www.hitoritrip.net

 

問題は、時期です。

気をつけてほしいのは夏〜秋。

 

台風!

 

日本人な限りこれの存在お忘れなく。

夏〜秋シーズンは台風で飛ばなくなる可能性があります。

私も出発日が1日後だったら、飛んでませんでした。

 

夏休みのハイシーズン明けの9月は特に注意です!

運頼みにならないよう、「変更可能チケットの購入」や「保険加入」をしましょう!

 

 

いざフランスに着いたら。

空港ではぼったくりタクシーに注意

無事にフランスへ足を踏み入れました!

ワクワクが止まらなくて興奮しているまさにこの時が注意!

狙われてますよ〜

スリ!ぼったくり!

 

空港の到着ロビーでてすぐ、声をかけられたら注意!

だいたいそれ「個人タクシー勧誘」です!

「パリまでタクシーどう?」

この言葉、優しさではありません!ぼったくりタクシーの勧誘です!

 

到着後どーしたらいいかわからず、タクシーを選ぶ。

確かに日本ならいいですが、海外の個人タクシーはお勧めしません!

 

タクシーに乗るなら写真のような「Parisien」と書かれたのに乗りましょう。

これは個人ではないので安全です。

f:id:ksssiiia:20181027155121j:plain

 

ただし、空港からパリへはバスが出ていますので、そちらを利用すべきです。(安いし安全)

詳しくはこちら

sakaotoko.com

 

パリに着いたら

スリ集団に狙われる恐れ

バスでパリ市内に着いたら、ホテルまではタクシーで移動しましょう!

 

メトロという手もありますが、日本と全く違うシステムに慣れないし、さらに大きな荷物を持ってメトロに乗るのはスリに狙われやすい事も否定できません。

私はこれでやられました。。

 

大きな荷物を持っての移動はケチらずぜひタクシーを!

 

 

観光中

常にスリに気をつける

 

常にスリへの対策はキッチリと!

ポッケにモノは入れないはもちろん。できる対策は全てすること!

 

また、個人犯や集団もいます。

観光地で「署名して」と言うてくるのもあれはスリです。

記入に気を取られてる間にもう1人が後ろからカバンから盗ったり、記入ボードの下で手を隠しながら盗ったりと巧妙でプロです。

しかも、日本語で話しかけてくるほど用意周到なので、その周到さに引っかからないように!

 

 

チップの必要性

旅行前、「チップいるんやで」と家族から言われ続け、海外はチップは当たり前なんやと思ってました。

 

けど実際、

一切払ってません。

 

フランス在住の方にも聞きましたが、払ったことはないそうです。

なので、払わないといけない事もなければ、払わないと嫌な顔される事もありません。

義務ではなく「気持ち」です。無理に払わないで大丈夫です。

 

鉄道(フランス国鉄)

f:id:ksssiiia:20181027164119j:image

フランス、ヨーロッパは鉄道が充実しています。パリからの移動で「TGV」などフランス国鉄を利用する事も多いと思います。

が、これも少し注意が必要です。

 

出発ホームは約20分前にわかる

不思議です。

出発ホーム番号は、その日の出発時間20分前くらいにならないとわからないのです。

f:id:ksssiiia:20181027164453j:image

青が「出発」、緑が「到着」の掲示板なんですが、各電車の案内の一番右に番号が出てるのと出てないのがわかると思います。

その番号が「ホーム番号」なんです。これ20分前くらいまで表示されません!

なので、必ず掲示板を確認するように。出てなかったら出るまで掲示板前で待つ!

 

刻印をする

切符を購入したら必ず「刻印」をしましょう。

まだ、フランスでは改札がほとんど導入されておらず、車内検札がほとんどです。

 

その時に「刻印」されてるかどうかチェックされます。

 

刻印とは、駅にあるこの黄色い機械に切符を通す作業です。

これしないと、最悪その切符が無効になる事も。。

f:id:ksssiiia:20181027170420j:image

乗る前に必ずこれに切符を通してから乗りましょう。

 

使えるカードについて

VISAかMasterCardは必須

困ったのがこれでした。

日本人がよく持ってる「JCB」

これ、ほとんど使えません!!

 

 

VISA持ってたので何とかなりましたが、JCBカードやアメリカンエスプレスなんて使えるとこ見たことない。

だいたいVISAかMasterCardが利用可能でした。

 

2枚ある人は持っていくと安心です。

 

また、「cirrus」や「plus」などがカードの裏面に記載されてる場合は、海外でキャッシングが利用できます!

f:id:ksssiiia:20181027222838p:imagef:id:ksssiiia:20181027222847p:image

 

海外では、街のいろんなところにポツンとATMが設置されていることが多く、このマークがついたカードを持っていれば、いつでもキャッシングが利用できます。

 

万一の時を考えて、このマークがついたカードが1枚あると安心ですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

旅行は事前準備が大切です。

 

いろんな行先のリスクを事前に考えて、現地で困らないように対策をしましょう!

 

また、思いついたら追加していきます!!

 

以上です!!