#旅・空・撮

理系量産型学生が、旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記を書くブログ!

【搭乗記】〜朝8時発!AirAsia(DJ803)で中部⇨桃園国際空港へ!〜

5月11日、台湾へ弾丸旅行に行ってきました。土日海外旅行ができるのか!!っていうテーマでね笑

全貌はこっちの記事みてくだされ〜〜

www.hitoritrip.net

www.hitoritrip.net

 

結論でいうと

土日台湾は余裕!



という素晴らしい結果になったんやけど、今回は「移動」に焦点を絞って記事にしようと思います!!

 

中部国際空港から台北桃園国際空港への便は「エアアジア(DJ803)」を利用しました。

f:id:ksssiiia:20190512165350j:plain

 

朝1番の台北便。

値段は「20kg」までの預け荷物追加料金含めて「14000円」でした。

 

機体は「エアバス320-200」

小さい機体で意外でした。平日の朝便やからこれでも採算合うのかな。

 

前日から中部国際空港入りして朝の便へ準備。住んでるとこやと間に合わなかった。

 

搭乗ゲートは出国検査上から1番近いゲートで、LCCあるあるの「ええ!ゲート遠すぎぃぃ!!」ってこともなければ「もはやターミナル違ぇぇ!!」ってこともない。 素晴らしい。

 

定刻通り搭乗開始。

f:id:ksssiiia:20190512164954j:plain

席は掃除のしやすい革張りシート。赤いカバーがついてるのは「ホットシート」と呼ばれて非常口付近の席。少しピッチが広いらしいです。

 

今回僕が座った席はスタンダートシート「19F」

f:id:ksssiiia:20190512165036j:plain

フラップの真横ですね。飛行機好きにはいい席です。フラップ変動見れるからね笑

f:id:ksssiiia:20190512165015j:plain

スタンダートなのでピッチは狭いですが、まあLCCだから許せます。

ちなみに過去に乗った「エールフランス」もこのピッチ。FSCで10時間フライトでこれは鬼畜でしたね笑

 

定刻通り離陸。

ついに土曜に日本を離れます。

 

3・3列のキャビンなんですが、僕の19列は横に誰も座ってませんでした。A320でも席は7〜8割ほどの搭乗率。ナローボディー機で十分な理由がわかります。

 

f:id:ksssiiia:20190512165226j:plain

隣が誰もいないということは、、、

カウチシート化できちゃう!!笑

 

誰もいない特権ですね。

恥ずかしさなんてどうでもいい。

しっかり横にならせていただきました。笑

 

1時間半くらいはじっくり寝れたと思う。ラッキ〜〜

 

f:id:ksssiiia:20190512165259j:plain

飛行機から見える景色が大好きですね。

同じようで毎回違う景色。そしてこの透き通った青。これに勝る青はみたことがありません。

 

3時間ほどのフライトを終え、桃園国際空港に到着です。

 

さっきの青空とは打って変わって、どんよりとした曇り。。

 

f:id:ksssiiia:20190512165329j:plain

桃園国際空港といえばこの特徴的な屋根なイメージがあります。

台湾〜〜

ってここで実感湧く笑

 

レート交換と入国審査を終えていざ入国!

30分以上はかかりました。結構混雑してます。他の便ともかぶるのでなおさら、、

 

 

台湾はめちゃめちゃ観光に力が入っているので、交通アクセスが最近充実し始めました。

特に空港〜台湾市内へは、今まで「バス&台湾新幹線」を利用して1時間以上かけて行かなければならなかったこの区間が、今では「直通電車」が開業し、台北まで直接40分前後で行き来できるようになりました。

f:id:ksssiiia:20190515202737j:plain

非常に便利になっている台湾。3年前に行ったときから一気に変わっている姿に驚きました。

 

 

だいたい12時には台北市内のホテルに荷物を預け終えることに完了。

1日遊べるには十分な時間が確保できました。移動に1日潰されないというのは大きいですよね。特に1泊2日ならなおさら!

 

この後、カメラを背負って「九份・十分」へと足を踏み出していきました。