#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

【フランス】準備編〜行く前に知っておきたい基礎知識② フランスに行くならエールフランスはオススメ〜

こんにちは。sakiです。

初投稿以来いろいろブログ勉強中です。。なかなか大変

ついにもうフランス旅行まで1ヶ月を切りました🇫🇷

多分こんな事言ってる間にもう1週間前とかになるんでしょうね笑

 

さてさて、前回はフランスの位置・気候・治安についてかなりざっくりとまとめてみましたが、今回はそもそもの交通手段である「飛行機」についてお話ししようと思います。✈️

と言いますのも、私はかなりの飛行機好きでもありこのジャンルには自信があります笑

 

ということで今回は、パリまでどの航空会社で行くべきなのか?お勧めは?違いは?いつチケットを取ればいいの?などエアラインにまつわる話題で書いていきます!

 

 

パリ(CDG)へのエアライン

f:id:ksssiiia:20180807143535j:plain

 

 日本からパリへの航空券検索をするとわかると思いますが、乗り継ぎコースが多数設定されておりかなりの航空会社が検索ヒットするはずです。

初心者には海外乗り継ぎ便はオススメしない

安さが売りの乗り継ぎ便。しかし思います。

なんで乗り継ぐ?めんどくさないん?

当たり前ですが、長距離海外旅行初心者の方々には乗り継ぎ便はオススメしません。

電車の乗り換えのような感覚で考えてはいけませんよ (当たり前)

時間が勿体無い

そもそもですが経由するといことは「寄り道」をするわけで。つまりその分時間を食います。せっかくの旅行なのにもったいなくないですか?

手続きがややこしい

航空会社にもよるので一概には言えませんが、乗り継ぎ搭乗券を出発地でもらえるか、乗り換え先でもらえるかが会社によって違う場合があります。

出発地で丸ごと貰えれば経由先でもう一度チェックインする必要はありませんが、もらえなかった場合、経由先で次に乗る会社のカウンターでもう1度チェックインしなければならなくなります。

また、乗り継ぎ便が違う会社の場合再度荷物を預けないといけない場合があります。

めんどくさいでしょ???

 

直行便にしよう!

f:id:ksssiiia:20180806195810j:plain

そりゃあ直行便あるんやから。。使おうや、、

日本からパリへ直行便はANA、JAL、AIR FRANCE(エールフランス)の3社が運航してくれています。

エールフランス

関空、羽田、成田よりパリへ運航中

ANA

羽田のみパリへ運航中

JAL

羽田のみパリへ運航中

 

大阪からはエールフランスしか運航していません。日系エアラインを利用したい場合は東京乗り継ぎになります。

どれがいいの?

値段 

私が航空券を購入したのは旅行予定日の7ヶ月前。関西住人なものでエールフランス1択しか考えていませんでした笑

比較のため今から7ヶ月後(2月)の航空券を調べてみましたのでご参考に。

(2018/7月検索)

 

  (2019/2/4~2019/2/11)
       
       
       
  エアライン 航路 値段
  エールフランス 羽田⇄パリ 136,220
  エールフランス 成田⇄パリ 126,160
  エールフランス 関西⇄パリ 126,590
  JAL 羽田⇄パリ 132,400
  ANA 羽田⇄パリ 132,400

skyticket.jp

 

 値段的にはそこまで大差はありません。

そもそも航空券の値段というのは各航空会社が最初から値段を決めています。

例えば100席あったとして、最初の10席は7万円、次の10席は8万円、、というように値段ごとに席が決まっています。つまり早ければ早いほど値段は安い可能性があるわけです。(某旅行代理店の方に教えていただきました)

よく聞く「ギリギリの方が安い」というのはあまり信用できないので時期を決めたらまず航空券だけはゲットすることをお勧めします。

 

エールフランスをお勧めする理由

タイトルにもあるように私はエールフランスをお勧めしまくります笑

その理由を紹介します。

①新キャビン

機内を完全リニューアル。

シートだけでなくもタッチ式で高解像度なモニターに。

そしてありがたいのは、エコノミークラスでもアイマスクが提供され、ノイズキャンセリング機能ヘッドホンも支給されます。至れり尽くせりですね。。

また、新モニターにはUSB差し込み口があり、充電も可能です。

(下のリンクからホームページで確認できます)

www.airfrance.co.jp

www.airfrance.co.jp

②機内食がとにかく高評価!

もっともお勧めする理由がこの機内食の豪華さです。

食前の飲み物・軽食➡︎フレンチ➡︎デザート というふうにフランス食文化を機内で体験できます。

フランスのおもてなし、そして美味しいと評判!

なにやらまず席にコースレストランにあるようなメニューが置いてあるそうで。もうそこからお洒落です笑

 

(Point1)シャンパン・ワインが飲める!!

f:id:ksssiiia:20180806224217j:plain

なんとなんと、エールフランスではエコノミーを含む全クラスでシャンパンとワインが飲めます!!これが一番の魅力ではないでしょうか?

シャンパン以外にもワインも全クラスで飲むことができます。

(やっすいやつやろ。。)

と思った方。いえいえ、ワインとシャンパンは2013年世界ソムリエチャンピオンによるセレクション!さすが美食の国。。

ワインはミニボトルで提供も可能だそうですよ〜

 

他にもデザートでエコノミーはハーゲンダッツ、他クラスではヴァローナのボンボンショコラBOXが提供されたなどの記事もあり、おもてなしっぷりが表れていますね!

綺麗な写真とともに紹介されているこちらの記事をご参考に!

parismag.jp

 

(Point2)パンも食べ放題!

f:id:ksssiiia:20180807122500j:plain

そしてフランスといえばパン!

ディナーではフランスパンが付いてきます。そしてCAさんに頼めばお代わり自由です!

空港近くの工場で焼いているらしいので、焼きたてがいただけます🍞

 

朝にはクロワッサンも付いてきます。お代わりは出来なさそうですがこれがまた美味しいと評判です

 

というように、機内食部門ではトップクラスではないでしょうか???

 

③最新機材(関空のみ)

エールフランス関空⇄パリ便では今年2018年から機材ごと最新鋭に一新されています!! Boing787-9 という機材で関空のみ運行されています。

新しい機材、新しい機内を楽しめるのも魅力がありますね〜✈️

www.airfrance.co.jp

 

シートピッチが少し狭いかも。

エールフランスも全部が全部良いわけではないです。

それがシートピッチ。 JAL,ANAに比べエールフランスは5cmほど狭くなっています。

シート表    
     
     
     
エアライン シートピッチ シート横幅
エールフランス(関空)    787-9 78.7cm(31インチ) 43.2cm(17インチ)
エールフランス(羽田・成田)     777-300ER 81.3cm(32インチ) 43.2cm(17インチ)
ANA(羽田) 86.4cm(34インチ) 44センチ(17.3インチ)
JAL(羽田) 86.4cm(34インチ) 48.3センチ(19インチ)

(https://www.seatguru.com)

JALは新エコノミーになってからかなり広くなってますね。

飛行機のシートピッチ5cmの差はかなり大きいです。

膝と前席とのゆとりがあるかないかで窮屈感に差が出ます。また、パリへは12時間の長旅です。という意味ではゆとりが少しでもある日系エアラインの方が良いということも否定できません。

 

まとめ

ということで機内設備や機内食(エールフランスのみ)、機材、シート幅などを紹介してきました。

値段は比較的同じで、シートに関して少し劣る部分はありますが、機内食サービスなどの面が非常に優れている、新キャビンに一新された美しい機内、エコノミーでも受けられるサービスの幅広さ。という面で私はエールフランスをオススメします。

 

あと個人的な意見として、なかなか行けないこの長距離海外旅行を飛行機内から楽しめることが旅行先エアラインを使いたい理由でもあります。日系エアラインはどうしても行きはパリに着くまでは日本、帰りはパリで飛行機乗った瞬間からもう日本みたいな感じがしてしまうのがあるのです。。

乗った瞬間からフランス!みたいな少しでも長く気分を味わいたいっていうのも理由の内でもあります。

 

皆さんも自分の好みにあったエアラインで旅行を楽しんでみてくださいね✈️

 

次回は「宿泊先」について書いていきたいと思います!!

 

最後までありがとうございました! 今回は以上です!