#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

〜フランスへ行くにはエールフランス?ANA?JAL?? ANAとエールフランスを搭乗検証!〜

どうもどうも。

 

毎日1記事を目指すsakiです。

 

どうでもいいけど、めっちゃPC軽くなった! 早く動くPCは素晴らしいね!!

すらすら書けるの最高!

 

 

さてさて。

今回なんですが、フランスへ行く手段を徹底比較したいと思います。

 

というのも。

この時代数多くの航空会社が日本に乗り入れてきました。

素晴らしいことです。

その分、いろんな国へ行きやすくなったのです。

 

しかし!

我々、庶民旅行者には1つ考えることがあります

「一体、どの航空会社がいいの!?!?!?」

 

え、思いません?笑 俺だけ?

 

今は、行きたい国への便が複数ある時代になりました。

韓国行きとかもうどんだけ飛行機あんねん!って思いますもん。

 

 

それはフランスでも同じ。

直行便は日本から3社出ています。

 

ANAJALAIR FRANCE

の3つです。

 

経由便なんて数えれません!

フィンエアー、中国国際、KLM、タイ国際、エミレーツ、、、などなど、、

 

どれがいいのか!

今回は直行便に絞って、比較したいと思うんです!

 

 

私は台風の影響で、行きはエールフランス、帰りはANAと2社の直行便に乗ることができました。

 

今回はその2社と、乗っていないけどJALを検索情報で比較したいと思います!

 

 

 

値段

 

1番気になるのは値段だと思います。

もちろん、シーズンによって差はあるので一概には言えません。年末年始、GW、長期休み、パリファッションウィークなど、人気シーズンはもちろん高くなります。

 

私は、旅行に行く半年前に航空券を購入したので、今回の比較も半年後の値段を調べてみました。

(航空券代のみ)

(2019/2/4~2019/2/11)  10/1検索
       
       
 
 
 
   
  エアライン 航路 値段
  エールフランス 羽田⇄パリ 95,000
  エールフランス 成田⇄パリ 85,000
  エールフランス 関西⇄パリ 85,000
  JAL 羽田⇄パリ 95,000
  ANA 羽田⇄パリ 95,000

 

こんな感じでした。

これに燃油サーチャージ等つくのでだいたい合計で12〜13万ほどでしょうかね。

 

 

みたところ、そこまで大差はありません!

まだ、半年先なので安いチケットがまだまだ余っているのだと思います。

 

航空券は基本的に旅行日に近づくほど、高くなります。

日程が決まったなら早めに航空券だけでも取っておくことがベストでしょう。

 

少しでも安くしたいならエールフランス。1万くらいええやん、、ならお好みなものでもいいですね。

 

機材・機内

機材

あまり、航空ファンでもこだわりもない限り、どの飛行機がいいかなんて考えないと思いますが一応。

 

(2019/10/1時点)

  機材    
       
       
       
  エアライン 発着 機材
  エールフランス 関空⇄パリ 787-9
  エールフランス 羽田⇄パリ 777-300ER
  エールフランス 成田⇄パリ 777-300ER
  ANA 羽田⇄パリ 787-9
  JAL 羽田⇄パリ 777-300ER

 

エールフランス関西便とANAのみ、最新機材ボーイング787−9を使用しています。

 

こだわりのない人はそこまで気にしなくても大丈夫です。

f:id:ksssiiia:20180929225037j:plain

f:id:ksssiiia:20180905163615j:plain

 

 

機内

機材よりも機内が気になると思います。

ここからは実際に乗った「関西⇄パリ(エールフランス)」と「パリ⇄羽田(ANA)」は写真つきで比較もしていきますね。

 

シートピッチ・シート幅

長距離便にとって1番大事と言っても過言ではないのがこの「シート」の話。

 

表にしてまとめてみたのでまずはこれを見てみましょう。

 

シート表    
     
     
     
エアライン シートピッチ シート横幅

エールフランス

(関空)787-9

78.7cm(31インチ) 43.2cm(17インチ)

エールフランス

(羽田・成田)     777-300ER

81.3cm(32インチ) 43.2cm(17インチ)
ANA(羽田)787-9 86.4cm(34インチ) 44センチ(17.3インチ)
JAL(羽田) 777-300ER 86.4cm(34インチ) 48.3センチ(19インチ)

 

やはり日系エアライン強い、、、

エールフランスに比べて、ANA・JALはピッチ、横幅ともに非常に広いのがわかります。

特にJALは新キャビンになってから非常に広いですね。

 

 

(エールフランス関空787-9)

f:id:ksssiiia:20180905164123j:plain

エールフランス787-9のピッチ78.7センチはこんな感じです。

いやーきついな。。

これはきつい。

身長が小さい僕でこれです。 なので一般男性は特にしんどいと思います。

 

・クッション

・ノイズキャンセルヘッドホン

・アイマスク←(これ嬉しい)

・ブランケット

が常備されてます

f:id:ksssiiia:20180905164250j:plain

 

 

(ANA羽田787-9)

f:id:ksssiiia:20180930001225j:plain

ANAのピッチ86.4センチはこんな感じ。

一目瞭然ですね〜

8センチの差ですが、この差を生みます。

これだけで疲れ具合が全然ちがう!!

 

広さは日系エアラインが強いと言えますね〜

 

他にも

・クッション

・ヘッドホン

・ブランケット

が置いてありましたよ〜

 

機内食(エールフランス・ANA)

機内食はJALはわからないので、JALを除いて比較しますね。

 

(エールフランス)

 

おしゃれですよー。

まず、シートポケットにメニューが置いてあります。

f:id:ksssiiia:20180905165439j:plain

「〜を添えて」

いいですね〜〜〜

 

f:id:ksssiiia:20180905165835j:plain

美味しさでいうと

めちゃめちゃ美味いです!

 

特にパン!!

これね、焼きたてなんです。出発前に近くの工場で焼かれたものがそのままやってくるんです。

ほんまに美味しかった。

 

f:id:ksssiiia:20180905172047j:plain

2回目の食事はパンは包装でしたので焼きたてではないですが、味は美味しい!

不味いことはありませんでしたよ〜

 

(ANA)

f:id:ksssiiia:20180929235903j:plain

 

こちらANAです。

やっぱり、日本人の口に合わせている味付けで普通に美味しい!

 

パンは普通の包装です笑

 

どちらのエアラインも美味しいです。唯一の差はパンですね!

 

 

ドリンクはエールフランスが充実

エールフランスでは、ソフトドリンクに加え、エコノミークラスでも

ワイン(厳選品)とシャンパンが飲めます!!!

f:id:ksssiiia:20181002232251j:plain

こんな感じ。

アルコール結構な種類ですね。

 

エールフランスの強みをここで感じました。

 

 

機内コンテンツ

モニターはどちらも最新式です。

タッチ対応で高画質です。

 

(エールフランス)

f:id:ksssiiia:20180905164841j:plain

(ANA)

f:id:ksssiiia:20180929233849j:plain

 

ただ、当たり前ですが、日本語コンテンツはANAの方が日本人向けで多彩です。

映画はもちろん結構バラエティ番組が豊富でした。(水どう観たw)

 

コンテンツの豊富さでは、日系エアラインが強いと思われます。

 

 

まとめ

どうでしょうか。

検索で出てくる情報と、自分の実際の搭乗レポートを比べてみました。

 

お互いで強みがある印象でした。

日系エアラインは日本語コンテンツと広い座席配置。

エールフランスは全体的なエレガントさと機内食へのこだわりが強みだと思いました。

 

関西発はエールフランスしかないので迷うことはありませんが、関東発は3社飛んでいますので、上記の比較以外にも、出発時間など自分に合ったエアラインを選んでみてください。

 

 

今回は以上です!!

ありがとうございました!

f:id:ksssiiia:20180929232927j:plain

 

(星くれると喜びます。。。)