#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

【岐阜県】 〜絶景!!秘境「付知峡」へ〜 エメラルドグリーンに輝く水!(アクセスや注意点も記載)

こんにちは。sakiです。

 

ブログ勉強でいろんな方のブログをジャンル問わず拝見させていただいているのですが、「1日に3記事書いてます」って方がいてすげーなと感心してました笑

 

めちゃめちゃ書くのに僕は時間がかかるので、3日に1記事ペースなんですが(これでも大変)、みなさんはペースどれくらいなんでしょうか。。。笑

 

 

さてさて、今日もフランス準備記事は休載しまして、8・8に行ってきた岐阜旅行について書いていこうと思います。

前回は「モネの池」について書きました。

今回はその日にもう1つ足を運んだ「付知峡(つけちきょう)」というところについてです。

 

ここは特に暑い夏と秋にオススメしたいので是非行ってみてください!

前回記事はコチラ

www.hitoritrip.net

 

 

秘境「付知峡」ってどんなとこ? 

f:id:ksssiiia:20180814170348j:plain

この場所を知ったのは岐阜でええとこないかな〜って探してた時に偶然見つけたところでした。

もともと日帰りでしたので行く予定はなかったのですが、道中で事故渋滞に遭遇してしまい2時間ロス、、、行きたいとこに時間的にいけないことに気づき急遽行くことになったのがこの「付知峡」です。

読み方すらわかりませんでしたが「つけちきょう」でした笑

 

 アクセス

住所 〒508-0351 岐阜県中津川市付知町6-39

 

中津川駅からバスは出ていますが、車で行った方が良いと私は思いました。

www.jalan.net

どんなとこ?

「秘境」と言われることもあり、山道を抜けていきます。

「森林浴の森日本100選」「岐阜県の名水50選」「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれている自然豊かな場所です。

 

付知峡はこの周辺一体を指すことが多いのか、調べていると様々な周辺施設やスポットの記事が出てきます。「岩魚の狭間」という所や「キャンプ場」などの施設もあるそうです。

今回私が目指したのはそのスポットの中の1つである「不動滝」という所へ行ってきました。

 

不動滝へ

調べていると、ここには初心者でも楽しめるハイキングコースがあるというので、見るだけよりも体を動かした先に滝を眺めるというのがいいなと思いここを目指すことに。

 

ナビである程度まで行けるのですが途中から細い分かれ道があるため、こちらのページを参考にしてください。(迷いました!)

http://ks2345.sakura.ne.jp/report295tuketikyounotaki.html

 

上記のページを頼りに進むと、大きな駐車場と建物が見えてきます。

ここがスタート地点です

f:id:ksssiiia:20180814172417j:plain

このすぐ横にハイキングコースの入り口があります。

コース中には看板も立っていますのでそれに従えば大丈夫です!

 

f:id:ksssiiia:20180814173444j:plain

道中にはこんな吊り橋も。

3人以上は乗っちゃダメ!との看板もあり、楽しさが増します笑

 

とにかく涼しい。。この日の岐阜は36度以上の猛暑日でしたが、木々の影、滝、川沿いというこの場所は涼しさと癒しを与えてくれます。

 

エメラルドグリーンに輝く滝

そしてゆっくり歩くこと15分でしょうか、ついに見えてきました。

「不動滝」です。

 

f:id:ksssiiia:20180814170348j:plain

 

本当にこの通りのエメラルドグリーンと青の美しい滝が現れます。

こんな綺麗な色した滝があるのかとずっと眺めていました。

本当に美しい。。

f:id:ksssiiia:20180814174401j:plain

連勤明けの私には最高の癒し場所でした。。

 

不動滝以外にもう一つオススメ隠れスポット!

ここには不動滝以外に「観音滝」と「仙樽の滝」ともう2つ滝が存在します。

看板に従えば辿り着けます。

 

が、私は看板には書かれていないオススメスポットを発見したので紹介します!

それは川です。ww

 

行き方を説明しましょう。 

コースの途中にこんな用水路があります。

f:id:ksssiiia:20180814175920j:plain

 (顔洗ってたら撮られてた)

 

ハイキングコースの初めと最後にこの用水路と出会うのですが、水の流れる方向に行けば最初の場所へ戻れます。

が、戻らず、その逆の方向へ進んでいってください!

ずっと水と逆方向に進んでいくと川が現れるはずです。そして、用水路の端ほどに行くと白い砂利の川沿いへ出れるはずです!(写真忘れてた!言葉でごめんなさい)

 

f:id:ksssiiia:20180814180534j:plain

どうでしょうか!この透明度とエメラルドグリーンの美しい川!

誰も反対側には来ないので一人占めできてしまいました笑

流れは緩やかで、足首ほどの水深のところや、大人の肩くらいの水深のところもあります。着替えはなかったので足首だけ浸けてこの景色を一人占めしてました。。笑

f:id:ksssiiia:20180814181226j:plain

 

水中撮影も少し。

f:id:ksssiiia:20180814181244p:plain

f:id:ksssiiia:20180814181235j:plain

水中なのかと疑うほどの透明度の高さに驚きを隠せず涼むことができました。

 

満足したところで、用水路を今度は水の流れる方向へ歩いて行き、元のコースへ戻ることができました。

 

思いつきで反対側へ行ってよかった〜と大満足の私です☺️

 

注意点

素晴らしい景色をお送りしてきましたので、お次は注意点を。

日没時間に注意

山登りや散策で注意して欲しいのは日没時間です。

山中は想像以上に太陽の光を遮ります。このおかげで「涼しいい」ってなるわけですが、言い換えるとそれだけ暗いわけです。

晴れの日であろうと日没の1.5時間前には山中から出れるようにしたほうが良いと思われます。特に山に対して初心者の方は心に留めておくべきだと思います。

クマ出没看板あり

比較的人で賑わっているため確率は少ないかもしれませんが、「クマ注意」との看板があったため注意は必要かもしれません。

そのため、被害防止のための「鈴」をカバンにつけるなどの対策はしておいたほうが良いかもしれません。

ガソリンスタンドがあまり無い

都会人の皆さん、これお気をつけて〜。ガソリンスタンドまじで無い!!笑

事前にガソリン入れといて良かったーって思うほど、スタンドがありません!!

「まだいけるやろ、、」←これ通用しないんでスタンドを見つけたら迷わず入れておくことオススメします!!!

まとめ

どうでしたか?

行きたいと思ってくれたでしょうか。 私のような都会人には本当に心身ともに疲れが吹き飛ぶ素晴らしい場所でした。

注意点を心に留めていただきながらぜひ足を運んでみてはどうでしょうか??

 

 

以上!岐阜旅行記でした!!

最後までありがとうございました〜🙇

 

(よかったら星お願いします! 励みになります)