#旅・空・撮

理系量産型学生が、旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記を書くブログ!

【南西諸島巡り! 2日目】〜大荒れの大航海!?『加計呂麻島』を巡る〜

どうもどうも!

今回は2日目をレポートします!!

 

前回の分、読んでいただけましたか??

www.hitoritrip.net

 

良かったらぜひ読んでいただけると嬉しい。。

というのも、続きなので読んだ方が話が繋がってわかりやすいと思います、、。

 

さてさて、続きですが前回は「奄美大島」巡りでした。

で今回はというと

「加計呂麻島巡り」です!

 

読み方わかる??「かけろま」って読む!

場所はここ

本当にすぐ横!!

この島がこれまた美しいらしくて行きたかったんですよね。

 

で元々は、「フェリー」で行く予定やったんです。

www.kakeroma-welcome.com

 

近いからすぐやし、安いしこれでいっかーー!って思ってたんです

が!!

まさかの。

まさかの宿のオーナーさんから朝「加計呂麻島ツアーやるから来る??」とお誘いが!!

えええええ!!奇跡かよ!笑

 

実は泊まった宿「Dio」さんは加計呂麻ツアーをやってたんです!笑

んで、この日に予約があって空席あるから来ないか?ということで急遽参加させていただくことに!!笑

withdio-amami.com

 

このノープラン感最高〜〜笑

 

ということで「加計呂麻島ツアー」スタート〜〜

 

 

 

小さなボートで旅はスタート

f:id:ksssiiia:20190318191445j:plain

本当に小型船!!笑

船酔いする方は絶対酔い止め必要、、

 

僕は酔わないのでこのほうが楽しいから最高です!笑

ちなみに今日の天気予報は「曇り雨」

内湾は雨風少なく、ある程度普通の航海でした。

 

まずはサンゴが美しい湾へ向かいます。

場所はここだったかな、、忘れた。。

この「マネン崎展望所」の右横に2つ内湾があるのわかります?

このどちらかに行きました笑

ここ本当に綺麗、、びっくりするくらい透明度が高いしそしてサンゴが綺麗すぎる。

(あまりに綺麗すぎて見惚れてた。。ので写真がありません!!)

 

 

洞窟散策へ

奄美大島は洞窟がたくさん。

これ船で行かないと知らないしわからない!!

 

特に加計呂麻島は「穴」だらけらしい

 

ということで洞窟へ向かいます。。

が、、

なんと外海は大しけ!!

大荒れ大荒れ。

本来ならなんと「洞窟内」へ行くらしい、、

 

くそ〜〜〜まじかーー荒波で行けない。。

f:id:ksssiiia:20190318193748j:plain

f:id:ksssiiia:20190318193825j:plain

 

外海はこれ以上は無理と判断。。

中海へと戻ります。

 

中海でシュノーケリング・ボート体験

波のない内湾へと戻ります。外海は残念でした、、

それにしても内湾は本当に荒れてない。びっくりするくらい笑

 

ここでシュノーケリングとボート体験をしました。

Untitled

僕は空撮もここでやります。

どうですか??すごくないですか!!!

綺麗すぎでしょ。

 

Untitled

こんなところでシュノーケリング・ボート体験できるんですよ、、

 

たまんないでしょ??

ちなみに同伴の方が「ウミガメ」と泳げたそうですよ!!

 

加計呂麻島へ上陸!!と思いきや、、

さ!予定ではこの後「加計呂麻島」へ上陸。その後、陸路でツアーなんですが、、

ここで突如やってきた「大嵐」!!

雨男発揮〜〜〜〜!!ww

 

本当に大嵐。

大嵐すぎて写真なんて撮れません。

船に捕まってないと死ぬ!!!笑

まじでやばかった。笑

船が飛んだもん。笑

 

 

嵐が去った後「島内ツアー」へ

この後、陸路で島内を巡ります。

というのも意外とこの「加計呂麻島」も大きいのです。

これ自分たちだけじゃ知り尽くせなかったかも。。

 

なんか奄美大島とかの「南西諸島」って「海」なイメージありますよね。

それはそうなんですけど、そのせいでなかなか「森」に足を運ばない。

その「森」の中をツアーできるのは嬉しい。

 

すごかった。結論から言おう。すごかった!!面白かった!!

 

本当に車で山道を登って行きます。

まず最初に車を降りたのは「滝」でした。

f:id:ksssiiia:20190318202116j:plain

雨の影響で水量は多いです。

この滝、加計呂麻島で唯一だそうで、しかも「滝」は神様が住んでいると昔から神聖な場所だそう。というのもあってまずはここで撮影でした。

 

続いて。

降りたのは一見何もない道のど真ん中だったのですが、、

その脇にすごい原生林が!

「クワズイモ」ってご存知ですか??

家庭用の鑑賞植物にも使われているこいつです。

f:id:ksssiiia:20190318202535j:plain

https://lovegreen.net/library/house-plant/p91982/

見たことあるでしょう??

「この原生林??いくらでもありそうやん」

と思ったそこのあなた!! びっくりさせてやる!!

奄美群島はこんなもんじゃない!!コレダーー!!

f:id:ksssiiia:20190318202706j:plain

見えますか!!?

f:id:ksssiiia:20190318202928j:plain

これ!!

写真では見えにくいでしょうがこいつ「1m60cm以上」あります!

超でかい。

観賞用で済むもんじゃない。

 

「クワズイモ」という名前のように「食わず」なんです。誰も食べない。動物も食べない。なぜかというと「まずい」から笑 誰も食べないから「クワズイモ」なんだとか!

 

だからこんだけ大きく成長するんかな?

 

でもこれガイドに言われないと気づけないから楽しい!!

 

走りながらちょいちょい絶景ポイントで停まってくれるから良い!

ツーカ晴れてきた!!

f:id:ksssiiia:20190318203730j:plain

f:id:ksssiiia:20190318203658j:plain

 

猫に懐かれた「集落巡り」

集落巡りも行いました。

この島には数多くの小さな「集落」があって、島感を味わえて楽しい!

f:id:ksssiiia:20190318204839j:plain

良いね〜〜南国感〜

 

ここで突如僕の後ろに猫が!!

しかもめちゃめちゃ人馴れしてて体をスリスリしてくれた、、

「これは撮らなきゃ!!」そう思った僕はニャンコ撮影に切り替わり!笑

Untitled

 

Untitled

Untitled

この猫、モデルか???笑

まじでポージングが完璧。笑

かっこええよ、、イケメンかよ、、

 

この後、さよならするのが寂しかった、、

 

ツアーの最後は「ガジュマル」

最後は「ガジュマルの木」を見に行きます。知ってます?ガジュマル。

めちゃくちゃでかい木なんですけどね。

その中でも樹齢300年??ほどの大きなガジュマルの木があるらしくそれを見に行きます。

f:id:ksssiiia:20190318210201j:plain

その名も「武名ガジュマル」

一体どんなデカなんだ??想像もつきません。

f:id:ksssiiia:20190318210501j:plain

ブレましたが、どんどん森へ進んでいきます。

すると、突如現れました。

突然すぎてびっくりしたんですが、それ以上に大きさにびっくり。

これ!!

f:id:ksssiiia:20190318210645j:plain

ジブリか??笑

デカすぎやろ!!! なんじゃこりゃ〜〜〜!!

幹からまた細い幹が出てもうわけからん!!

このガジュマルという木、ヒゲみたいなんがイッパイあるのわかります??

f:id:ksssiiia:20190318210852j:plain

このヒゲ、じつは「幹」の源らしいです。

これが何年もかけて地面へと向かって伸びていきます。

そして地面へ着地したらそこから水分を吸収して大きく太くなっていく。

f:id:ksssiiia:20190318211044j:plain

これが、ヒゲが着地して細い幹になったやつ。

これが何年もかけて大きく太くなっていく。

そして出来上がるのが、あの大きな「ガジュマル」なんです!!

 

すごくね??!!

 

人間って小さいなあ!って思ってしまった、、。

大自然に圧倒された。

そして知識も増えて楽しかった、、。

 

 

2日目まとめ

急遽決まったくせにめちゃくちゃ満喫できた!!

ノープランってこういうことがあるから面白い笑

 

記事には載せてないけど、他にも「映画の撮影地」「海に伸びる桟橋」「絶景ポイント」などなどまだまだたくさん巡りました!!

 

惜しかったのは「海」。沖合の低気圧のせいで大荒れ。それで洞窟内は行けなかった、、。これはいつかリベンジしたいな〜〜

 

1つ言えるのは

絶対ツアーがいい!!

こういうのは現地ガイドがいるとアクティビティもできるしすごいとこに連れてってくれる!

ぜひ参加してみてくれ〜〜!

 

ということで「加計呂麻島」制覇!!

いや〜楽しかった。。

 

 

3日目はお隣「徳之島」へ向かいます!!

 

2日目終わり!!以上!!

ほな〜〜!