#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

【京都】〜個人的にオススメする京都のコーヒー専門店・カフェ紹介〜

f:id:ksssiiia:20181008155847j:plain

 

もう10月。

 

だいぶ涼しくなりましたね。

涼しくなると週末、ちょっとフラッとどこか行きたくなりませんか?

 

家ばっかりしんどいなあ、どこ行こう。

 

そんな時、「京都でカフェ巡り」なんてどうでしょうか。

 

涼しい気候の中、京都の町並みを散策しつつカフェを巡る。

1日あれば十分できることですのでやってみてはどうでしょう。

 

というのも、京都は何かとカフェの激戦地、、(個人的意見)

美味しい数多くのお店があるのです。

 

その中でも僕が個人的にオススメするカフェを今回は紹介したいと思います。

 

 

JR京都駅からすぐ 「KURASU Kyoto」

f:id:ksssiiia:20181008160310j:plain

 

京都に行ったら必ず行きたいのがココ。

「KURASU」

 

場所は京都駅からすぐの場所にあります。 

 

シドニーで生まれた「KURASU」は現在、京都とシンガポールでお店を展開しています。

 

 

とにかく日本製にこだわる

もともと、コーヒーショップではなく海外で日本のモノを売るオンラインストアだった「KURASU」

その意志はコーヒーショップでも変わらず、日本製にこだわった商品を展開しています。

 

例えば、月替わりコーヒー。

日本各地のスペシャルティコーヒーロースターと提携し様々なコーヒーを毎月紹介しています。

 

また、店内では様々なMade in Japanのコーヒーグッズを販売。

器具は、実際に店舗でも使用されており、店員さんに使い方を聞くこともできます。

f:id:ksssiiia:20181008161447j:plain

f:id:ksssiiia:20181008161458j:plain

 

3層のドリンク?!「抹茶ラテエスプレッソ」

KURASUで1度飲んでみてほしいのは、3層のドリンク。

なんやそれ?

 

写真を見ればわかります。

 

f:id:ksssiiia:20181008162540j:plain

 

下から「抹茶・ミルク・エスプレッソ」の順に見事に3層になった「抹茶ラテエスプレッソ」

 

これが見栄えも面白いし、しかも美味しい!

 

飲み方は、まず提供されても混ぜない!

ストローの位置を変えて、3層ごとの味を楽しむ。

 

それが終わったら、混ぜて味の変化を楽しむ。

計4回、味わって飲むのがこのラテエスプレッソの飲み方だそうです笑

 

ぜひ1度、京都駅に来た時は足を運んでみてください!

 

jp.kurasu.kyoto

f:id:ksssiiia:20181008162921j:plain

 

 

阪急 河原町駅すぐ「Mono Art coffee roasters」

 

f:id:ksssiiia:20181008163101j:plain

 

阪急 河原町駅からすぐにあるお店。

 

 

ダンディなおじさんが一人で切り盛りしているお店です。

 

喫茶・バーのような店内

店内は非常に静かで大人っぽい、そんな店内。

 

テーブル席の他にカウンター席があり、注文後はカウンターで受け取る形です。

待ってる間、目の前で煎れてくれます。

 

大人っぽいけど、何か和らぐ空間でもあります。

f:id:ksssiiia:20181008164035j:plain

京都でゆっくりと静かに過ごすには最高の店かもしれません。

 

「香り」に深くこだわったコーヒー

豆の選定、焙煎プロセス、そして香りに強く影響する鮮度にまでこだわっているのがこのお店。

 

焙煎機があり、豆の販売も行っているようです。

また、コーヒーのワークレッスンも行っているようで、こだわりを直接教えてもらえる機会もあるようですよ〜

そちらも要チェックですね

 

香りを最大限に引き出されたコーヒーをぜひ味わってみてください。

 

monoart.shop

 

 

京都の古き良きとコーヒを融合させた「Weekenders Coffee Tominokoji」

 

f:id:ksssiiia:20181008170038j:plain

 

京都の古き良き習慣、伝統、古民家。

その伝統的な空間に新たに「カフェ」を取り入れたのがこのお店。

 

 

場所はこの地図のところに行くとパーキングがあり、「え?どこ??」って迷っちゃうかもしれません。

そのパーキングの奥にありますので、心配せずパーキング内を奥へと歩いてください。

 

すると、木造の京都らしい建物があるはずです。

 

店前には小さな池、モミジの木などまさに「京都」な空間を味わえます。

秋はそのモミジが赤く色づき、四季折々の風景を楽しめるお店です。

f:id:ksssiiia:20181008173711j:plain

 

「浅煎り」を味わえるお店

よく「深煎り」という言葉を聞きますが深いがあるなら浅いもあります。

 

その「浅煎り」を提供しているのがこのお店です。

深煎り文化が強い日本・京都ではなかなか珍しいといいます。

 

そもそも「浅煎り」ってなんなのか。

 

ちょっと簡単に説明します(間違ってたら教えてください!)

 

コーヒーでは「焙煎」過程を通りますが、その焙煎には段階があり、国内では基本的に8段階に分けています。

真ん中の4段階目より下の段階で焙煎するのを「浅煎り」、それ以降を「深煎り」というようです。

 

深煎りでは「香ばしさ」と「苦味」が強くなります。

浅煎りでは「酸味」と「甘味」が強くなる傾向があります。

 

コーヒー豆は、もともとコーヒーの木からできる果実の種です。

それを焙煎したものが同じみ「コーヒー豆」になるわけです。

 

つまり焙煎が浅ければ、より元の果実に近づくわけで「甘味」と「酸味」がでてくるのです。

 

 

このお店は「深煎り」は苦味を抑えたもの、「浅煎り」では甘味を重点的に置いたものを提供しています。

 

他のコーヒー屋とは違う、「浅煎り」のコーヒーをぜひ味わってみてはどうでしょうか?

f:id:ksssiiia:20181008173648j:plain

 

WEEKENDERSCOFFEE

 

 

 

五条にある町屋カフェ「サガン」

f:id:ksssiiia:20181008174204j:plain

 

京都東山、五条近くにあるカフェ「SAGAN」

 

今まではカフェというより、「コーヒー専門店」を紹介しましたが、ここはコーヒー以外にも様々なメニューがあるまさにカフェだと思います。

 

 

清水寺からも近いので行きやすいかもしれません。

 

オリジナルコーヒーと自家製パン・無添加メニューまであるカフェ

f:id:ksssiiia:20181008174821j:plain

 

コーヒーはオリジナルブレンドコーヒーを提供しています。

 

また、コーヒー以外にも、自家製パン、無添加のヘルシーメニューや、モーニングセットまであります。

 

まさに軽食にも力を入れているカフェ。

 

店内は、外観の古民家は何??と思うほど、広く現代的な空間。

コンクリート打ちっ放しってすごいですよね。

f:id:ksssiiia:20181008175232j:plain

左のカウンターのところに様々なパンなどが並べられており、中にはワインまでありました笑

営業時間が23時までなので、ワインは夜カフェ用でしょうか。

 

詳しい、軽食メニューのレビューはこちらをご参考にしてみてください。

kyotopi.jp

 

軽食や、夜のカフェも味わいたい!って方は是非こちらの「サガン」もどうでしょうか!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

京都はコーヒー文化が強い場でもあり、様々なコーヒー専門店やカフェがあります。

他にもたくさんのお店があり、どのお店も「こだわり」を強く持っているので、お店によって味の違いや煎れ方の違いがあり、巡りながらその違いを体験するのが楽しいですよ〜

 

是非、お好みの店舗を見つけてみてください!

 

 

以上です!

最後までありがとうございました!

 

(星いただけると励みになります。。)