#旅・空・撮

理系量産型学生が、旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記を書くブログ!

【京都】〜ライトアップ紅葉!醍醐寺へ行ってきました〜

長文ブログお久しぶりです〜

サボってましたすみません(嘘)

 

サボってません!こないだの3連休(11月23〜25)にいろんなところへ行ってきてブログ素材回収してました!!笑

 

その中で23日、私はどーーしても紅葉狩りがしたくてしたくて。

今年まだいけてなかったんでね。

 

という事で行ってきました!

 

定番・京都〜!!

 

毎年お世話になっております。。

 

で今回は初めての「ライトアップ紅葉」に行ってきました!!

場所は「醍醐寺」という大きなお寺。

 

なぜここを選んだかというと、

比較的穴場であり、池の反射が美しいと評判だから。

カメラ族にとって「反射」という言葉には敏感です。行かなければならない。マストなのです。

 

という事で行ってきましたので、レポートスタート〜〜

 

 

 

京都:醍醐寺

アクセス

京都伏見区にあるこのお寺。

 

(車の場合)

嬉しいのは境内に駐車場がある事。

1000円で5時間駐車可能です。

また、外にも時間貸しパーキングがあり、だいたい近いところは皆「30分400円」でした。

1時間以上いるなら、お寺の駐車場の方が安いですよ。

 

(電車の場合)

地下鉄東西線「醍醐駅」が最寄りです。

歩いて20分程度だと思います。

 

 

拝観料と時間(夜間)

現在醍醐寺では「秋期夜間拝観」をしています。これでライトアップを楽しめます。

《期間》

11月17日〜12月3日まで

 

《時間》

午後6時〜午後8時50分(午後8時10分に受付終了)

 

《拝観料》

一人・1000円(20名以上の団体は800円)

 

詳しくはコチラ

世界遺産 京都 醍醐寺:秋期夜間拝観 

 

いざ境内へ

大きな仁王門をくぐった先には、紅葉のトンネルが。。!!

 

f:id:ksssiiia:20181128152236j:plain

 

台風の影響で、色づきが悪いと言われていたので心配でしたがなんとか間に合いました!!よかっった〜

 

そのまま奥へ奥へと向かいます。

我々の目的である、「池」は境内の1番奥にあるんです。

 

そのまま歩いていくと。。

f:id:ksssiiia:20181128152620j:plain

 おおお!

一気に紅葉した木と光が!!

 

到着!!

撮影開始!!

 

撮影スポットがどこなのかすぐわかります笑

なぜならカメラを持った人がたくさん同じ場所にいるから!!!

みんな「マスコミ」と呼んでましたww

 

順番を待って待って、先頭を確保して撮影したのがコチラ!!

f:id:ksssiiia:20181128153107j:plain

f:id:ksssiiia:20181128153140j:plain

どうでしょうか!!!めっちゃ綺麗!!

カメラだからではないですよ!

本当に目の前にこの景色が現れます!!

 

美しすぎる反射と色彩に圧倒されました。。

 

この水面に映るのがたまんないな。。

 

場所を変えて撮影。

池の左にもスポットがありました。

f:id:ksssiiia:20181128153801j:plain

月と共演。

 

これは本当に行ってよかった。

 

おすすめポイント「穴場」である事

ここまで美しい「醍醐寺」も実は「穴場」

やはり、観光客が「清水寺」や「祇園周辺」、最近インスタで流行りの「南禅寺・蹴上インクライン」などに集中しているのか、この「醍醐寺」は並ぶ事なく入場できました!

 

ちなみに、南禅寺前を車で通ったのですが、まあ人、人、人、人。。。

そしてカップルだらけでした(それは関係ない)

 

なので、並ばずにこの絶景を楽しめるのがこの「醍醐寺」のよさだと思います。

 

注意事項 

「醍醐寺」に限った話ではありませんが、夜間撮影のため「三脚」を持参し

使用する方が多いですが、禁止です!!

 

実際、醍醐寺でも三脚を使用する人が見られました。狭い境内で全ての人に楽しんでもらうためにも三脚の使用は禁止です。守りましょう!!

カメラマンのモラルが問われるところです!!ルールは守る事!!

 

手持ちでもしっかり撮れますよ!!!

そこでこそ腕の見せ所でしょ!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

「紅葉シーズン」は遅くても12月はじめです。

そのあとは散ってしまいます。

この「醍醐寺」のライトアップも12月3日までとなっています!

 

行くなら今しかない!!

 

ぜひ、今週末!行ってみてください!

無理なら来年!ぜひ!行ってみてくださいね!!

 

以上です!!

最後までありがとうございました!