#旅・空・撮

理系量産型学生が、旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記を書くブログ!

【搭乗記】〜あの黄色い機体は何!?中距離LCC「Scoot(スクート)」関西→ホノルル便搭乗記〜

どうもどうもsakiです。

 

シンガポールやホノルルへ行こうと航空券を調べたことがある方、こんな航空会社が出てきませんでしたか??

f:id:ksssiiia:20181223203333j:plain

http://tabigoro.info/ticket.php

 

「スクート」

知らない方も多いのではないでしょうか??

関西、成田、新千歳に乗り入れているこの黄色い翼に今回は注目してみようと思います!

 

 

 

 

Scootとは??

f:id:ksssiiia:20181223204928j:plain

https://www.traicy.com/20181122-TRhnl

黄色い鮮やかな機体が特徴ですよね。

 

シンガポール航空が出資し子会社として設立されたスクート。

中距離LCCという位置を取り、シンガポールを中心に、アジアを低価格で結ぶ路線を拡げています。

今ではアジアを超え、ホノルル便も開設。さらに路線を伸ばす「今ノッテいるLCC」とも言えます。

 

《日本からの就航先はコチラ!》

flyteam.jp

 

 

関空⇨ホノルル線 搭乗記

さ!今回搭乗したのは「ホノルル線」!

というのも私が搭乗したわけではないんですけどね笑

私がパリ旅行中に出会った「世界一周高校生」のやな君が協力してくれました!!

《彼のブログはコチラ!》

www.yanaidani-kota.com

今、アメリカ大陸縦断中で、その時に乗った飛行機のレポを提供してくれるそうです!ありがと〜〜〜!

今回はそんな彼の協力があっての「搭乗記」です!ぜひ応援してあげてください!!

 

12/18 関空19:25分発 しかし3時間の遅延。

f:id:ksssiiia:20181223231738j:plain

「3時間遅延します」

早速、遅延メールが届いたそうで。。

というのも、この便で使用されるB787機材は、シンガポール⇨関空便で飛んできたものを、そのまま関空⇨ホノルル線へ使用するんですよね。

しかし、この日18日はそのシンガポール⇨関空便が大幅遅延。そうなると機材の到着が遅れてしまうので自動的にホノルル便も3時間の遅延が余儀なくされてしまう形に。

 

LCCの弱いところはこれで、大手になってくると「代替機」を使って遅延を避けたりできるのですが、LCCにはそれがないんです。

「スクート」の欠点はこの遅延率の高さが伺えます。

 

なので、その日に経由便などを利用したいときは、その経由地まで行く手段でLCCの利用は避けるべきです。このように当たり前に遅延します。

 

エコノミーは手荷物は10kgまで持ち込みOK

だいたいのLCCでは「7kgまで」と言われる持ち込み荷物制限。

しかし、スクートではエコノミーでも「10kg」までOKでした。

 

ちなみに「スクート・ビズ」という少しいいチケットを買うと、「15kg」まで可能になります。

手荷物の詳しい話はコチラ

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/before-you-fly/baggage

 

いざ搭乗

3時間遅れてやっとの事で搭乗。

さー機内はどんなものなのか。

まずはイスから。

f:id:ksssiiia:20181223234745j:plain

すごく簡易的ですね。やはり、LCCなのでそこは予想通りです。

 

f:id:ksssiiia:20181223235224j:plain

ちなみにコチラは「最前スーパーシート」とか言われる座席。

LCCあるあるというか、座席の設定が細かいです。もちろん追加料金ありですけどね笑

比べてもらうとわかりますが、ヘッドレストが追加されてます。

 

ちなみに、この前の列から「スーパーシート」「サイレントシート」などエコノミーよりちょっと広めなシートや、静かなシートが設けられています。

少し広かったり、エコノミーから離れたところで静かだったり。シート設定があります。

お好みの座席を選んでください。

そちらも詳しくはコチラから 

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/economy-class

 

シートの詳細はこんな感じ。

f:id:ksssiiia:20181223235707j:plain

f:id:ksssiiia:20181223235727j:plain

まあ当たり前ですが、モニターはありません。

我慢です。何も見れません。

 ですが「追加料金」(またも登場)を払えば見ることが可能です。笑

モニターではなく自分のスマホやタブレットで視聴する形。

「スクートTV」というアプリがあり、11ドル払って機内で飛んでいる「スクートWi-Fi」に繋げば見れるようになるんだって。

うまいことなってるよね〜〜

 

f:id:ksssiiia:20181224000155j:plain

座ったらこんな感じだそうです。身長は彼は165〜70くらいかな?

でこの足の間隔です。ご参考に。

 

機内食はもちろん出ません。コチラもまた追加料金です⇦

ただ、爆睡したらしいので食べてないみたい。なのでその写真はありません!

コチラご参考に!

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/meals

 こっちでは丁寧に書いてくださってます。

www.measuretrip.com

 

最後に、彼に「乗っててどうやった??」と聞くと

「狭い!!!」

とだけいただきました。

やっぱり狭いのかな〜

 

やっぱり安い

確かに狭いし、遅延も多いけどやはり安いですね。

f:id:ksssiiia:20181224001155p:plain

エアアジアと比べても五千円は浮く。

エアアジアもLCCなので正直、椅子の広さとかは大差ないと思うな〜。

 

「スクート・ビズ」とかいうワンランク上のシート

スクートには、「スクート・ビズ」というワンランク上のシートがあります。

f:id:ksssiiia:20181224001549j:plain

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/scootbiz

こんな感じのね。

「プレミアムエコノミー」的なやつかな?

ちなみにこの席で予約するといろんな特典がついてきます。

f:id:ksssiiia:20181224001826p:plain

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/scootbiz

まあ簡単にいうと、大手のような機内サービスが受けれるよ!ということですね。

まあでも、安いのには変わりなくて、「31400円」でこのサービスを受けれる。

いいかもしれないね〜

詳しくはコチラ

https://www.flyscoot.com/jp/fly-scoot/onboard/scootbiz

 

 

まとめ

やっぱりLCCなので「遅延」に対してはよく考えたほうがいいかもしれません。

国内線利用ではなく中距離LCCなので、1つの遅延のスケールが結構でかいです。

なので、降りたその日に経由便に乗る!なんて人は使わないほうがいいでしょう。

 

そうではない人。

安く済ましたい!!って人にはいいエアラインではないでしょうか??

それには我慢も必要ですけどね、機内モニターとか。

でも「スクートビズ」に乗れば、それも解決しますし、ホノルルまで31400円は安い!!

 

残念なことに「関空⇨ホノルル線」は2019年に一旦運休するそうです。

tabiris.com

 

しかし、バンコク便やシンガポール便は現役続行。

同じサービス内容になるはずです。

ぜひ、チケット調べてて、黄色い「Scoot」の文字が見えたら、利用を考えてみてはいかがでしょうか??

 

 

以上です!

ほな!!