#旅・空・撮

 旅行のコト、空のコト、カメラのコト、たまに雑記なブログ。instagram「s.a.k.i._」こちらもぜひフォローお願いします〜!

〜フランス旅行中、配車アプリ「Uber」にめちゃめちゃお世話になった話〜

どうも、sakiです

 

前回の記事で、「フランス旅行記」は終了しました。

見てくださった方ありがとうございました。

 

(フランス旅行記はこちら)

www.hitoritrip.net

 

 

で、今日からですが、そのフランスに行って思ったことや便利なこと、ピンポイントな観光地紹介など、ある内容をもっと詳しく書く。

そんな記事にしていきたいと思います!

 

 

ということで今回のお話は

 

「Uber」です!

 

聞いたことありますか?

配車アプリというやつです。

まだ日本では知られてないですが、海外では広く使われており、今回の旅でも非常にお世話になったので紹介したいと思います。

 

 

配車アプリ「Uber」とは

f:id:ksssiiia:20180930231119p:plain

 

Uberとは、アメリカで生まれた配車サービス、配車アプリの名前です。

 

特徴として、一般的なタクシーの配車に加えて、一般人がマイカーを使って空き時間に利用者を運ぶという「一般人がタクシー代わりになる」という新しい配車システムを構築しています。

 

つまりは、運転手も普通の「一般人」ということです。

 

 

世界では「タクシー会社」は信用されてない

f:id:ksssiiia:20181001003923j:plain

 

「え?一般人?危なくない?」と思った方。いいえ、実はタクシーが安全な国は本当に少ないんです。

 

世界ではタクシーにおいて「二人分の料金を掲示された」「ぼったくられた!」「領収書を発行しない」など、金銭面においてのトラブルが数多く発生しているのです。

 

これらの問題を解決するシステムを考案し、さらにドライバー側も「お小遣い稼ぎになる」という点で、海外では利用者・ドライバー登録者数が共に増加し、今では主流となっています。

 

日本で流行らないのは「タクシーが安全」だからです。素晴らしい。

 

 

「ぼったくられない」という安心

「Uber」では金銭トラブルを回避するために様々なシステムを構築しています。

 

タクシーメーターがない。

当たり前ですが、一般人は「タクシーメーター」なんて持ってません。

つまりは、メーターで料金を決められないのです。

そこが安心の理由の1つです。

「え?じゃあ勝手に料金決められて、ぼったくられるのでは?」

いえいえ。

 

料金はアプリ側が決める仕組みです。

・基本料金

・距離と時間に相応した料金

・その地での需要に応じた料金

この3つを主として料金が決められます。(オプション追加は別)

 

迎車地と行き先を入力すれば、アプリが事前に目安料金を示してくれる形です。

 

つまりは、ドライバー本人に料金を決める権限がないのです。

 

 

ドライバーに直接支払わない

Uberではドライバーに料金を決める権限がない他に、利用者から直接「現金」をもらう権限もありません。

 

実は、支払い方法は「カード払い」なんです。

 

しかも、車内でカードを通すのではなく、ネットショッピングのように、アプリにカードを登録します。

 

つまり、支払いはアプリ内で行われるのです。

 

これでドライバーからの「ぼったくり」を無くしているのです。

安心!

 

しかも割安

安心に加え、乗車時間、乗車需要にもよりますが、私が利用した区間では一般タクシーよりも値段が安くすみました。

 

安心でしかも安い。

使うしかないでしょ!?

 

特に大きい荷物を持ってる時などは利用をすすめる

空港に到着後、大体の人がバスでパリ市内へと向かうはずです。

が、市内に到着後、ホテルまでメトロを使わないといけなかったりする場合は、メトロではなく「Uber」を利用することをお勧めします。

 

メトロは屈指のスリポイントです。

慣れてない旅行客、ましてや大きい荷物を抱えた旅行客など、最高の獲物です。

 

大きい荷物を持っている時などは、安心価値の大きい「Uber」を利用することをお勧めします。

 

 

利用方法

まずは、アプリをダウンロード。

できたら「プッシュ通知」をONにしておきましょう!

理由は後で書きます。

 

支払い情報(カード)登録

説明した通り、アプリ内決済のため「カード登録」は必須です。

アプリに従って、登録してください。

 

迎車地と行き先、迎車時間を指定

登録できたら、いざ利用してみましょう!

 

f:id:ksssiiia:20180930235640p:plain

 

まずは、迎えに来てほしいところ、行き先、来てほしい時間を選択しましょう。

 

迎車地と行き先はあなた自身で書いてくださいね。

 

そうするとこのように、経路と車の選択になります。

f:id:ksssiiia:20181001001308j:plain

基本的に「UberX」を使います。

 

横にスライドすると「高級」「バン」「バリアフリー車」の選択もできます。

利用人数や目的に合わせて選択してください。

 

「UberX」を選択したら、写真には写ってませんが(カード番号が見えるので消してます)、時計のマークがあるはずです。時間を指定したい場合はそこで指定してください。

 

あとは「配車確定」を押せばもう確定です。

何て簡単!

 

 

f:id:ksssiiia:20181001001308j:plain

ちなみに、この地図上に写ってる車のアイコンは全て「Uber」に登録して現在走っているドライバーさんです。

こんなにもいるんです。なので、すぐ来てくれますよ。

 

乗車

配車を確定して、しばらくすると「この方があなたを迎えにいきます!」と通知がきます。

ここでプッシュ通知をしてないとその通知に気付けないので注意!

 

f:id:ksssiiia:20181001002411p:plain

顔写真と車の車種、その車がどこにいるかを示すGPSの地図が送られてきます。

近づいてきたら手を振るなどして「ここだよ!」と気づかしてあげてください。

あとは、乗るだけ!

 

降車後

目的地到着後、アプリから「領収書」が送られてきます。

f:id:ksssiiia:20181001002741j:plain

この料金がカードから支払われます。

 

また、ドライバー評価と任意のチップの支払い画面も出てくるので、評価してください。

 

 

たったこれだけです!

 

 

まとめ

海外の交通機関ではスリや金銭トラブルなどが多発しています。

その中で「安心」という価値は非常に重要になってきます。

 

「Uber」では便利さの他に、その「安心」という価値を簡単にしかも安く提供してくれるサービスだと思います。

 

一人旅の私にとって「安心」という価値は大きく、夜遅くの帰宅や、スーツケースを持っての移動などの際に非常にお世話になりました。

特に、郊外のホテルの近くにはタクシーが少なく、配車サービスには非常に助かりました。

 

フランス以外でも是非、利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

以上です!

最後までありがとうございました!

 

(良いと思ったら星いただけると嬉しいです、、)